これから飲食業界に参入する際に注意すべき5つの項目

飲食業界の注意事項

飲食業界について

物件探しは、居ぬき物件かスケルトン物件でも初期費用や開業費用がが変わってしまうため、どの物件にするのか決めておきましょう。 また、開業するエリアはどこにするのか。どんな飲食店にするのかにもよりますが、駅近くにするのか、客層なども考慮する事をおススメします。...続きを読む

飲食の専門店について

飲食業界では、専門店に絞ったお店が増えています。 パンケーキ専門店や、パスタ専門店、ピザ専門店など、様々な時代の流れや、お客のニーズに合わせた専門店が増えています。 また、フレンチ、中華、和食、イタリアン、多国籍料理などのジャンルにする事で、テーマやキーワードに沿ってお客が検索しやすくなります。...続きを読む

開業資金の相場について

開業資金では、居抜きかスケルトンにするのかでも変わります。 開業資金には、物件の契約に保証金などが必要になります。 また、店舗内装工事費用や、備品などの購入も必要になります。 居抜き物件でも坪数によっては、100万円から5000万円以上。 スケルトン物件では、100万円から8000万円以上が相場です。...続きを読む

店舗や物件探し

飲食業界に参入にするにあたって、厳しい現実を突きつけられてしまう事もあります。
借金などして開業資金を集め、夢を持って念願のお店を開業する方が多いかと思います。
しかし、開業してから3年で廃業になってしまったお店も多いと聞きます。
また、飲食業界で売り上げが黒字になっているお店は少ないといいます。
それは、開業資金が高額だったために、売り上げが借金返済に回ってしまう事が多くありからです。
そのため、飲食店の経営が延びるには、根気が必要になるのではないでしょうか。
開業資金を多めに用意しておく事がおススメです。
また、競合店の有無や調査も必要になるのではないでしょうか。
飲食店の開業に失敗してしまう点では、集客方法を怠ってしまう事も挙げられています。
商品に自信がある事は良い事ですが、集客できなければ、お店を認知してもらう事も難しいかと思います。
また、お店の商品が客層に合わなかった場合も失敗の原因になりえます。
日本の心得として世界からも知られている、おもてないしについてですが、集客できてもリピーターがいなければ減ってしまいます。
商品、価格、接客態度についても、今では口コミや評価される時代になっています。
経営を初めから完璧にできる人は少ないかと思います。集客方法を怠る、評価や情報を受け入れない、改善しないことが失敗の原因になりえます。
しかし、何が間違っているのか、何を改善するべきなのか、情報を元に色んなことを追及していく事が成功につながるのかしれません。