飲食業界の注意事項

>

飲食業界について

居抜き物件とは

居抜き物件とは、お店の内装や、厨房、空調設備などが前のお店のままの状態の物件の事を言います。
そのため、簡単な手直しだけになるため、店舗内装工事に必要な資金を削減する事ができます。
居抜き物件のメリットは、工事期間を短縮できる事や、初期費用を抑えられる事。
また、工事期間を短縮できる事でお店のオープンを早められる事です。
しかし、デメリットもついてきます。
居抜き物件のデメリットは、前のお店が閉業になってしまったなんらかの理由があります。
理由が、集客や立件に問題がある可能性があるため、契約前には確認しておく事がおススメです。
また、経年で店舗の設備などが劣化している可能性があります。
その場合、工事期間が延びてしまう、工事費用が増えるなどがあります。
また、内装にこだわりすぎてしまうと、費用が高くなる可能性や、顧客に受け入れてもらえない可能性もあります。

スケルトン物件とは

スケルトン物件とは、店舗内の物件が、床、壁、天井、内装などが何もされていない状態、コンクリート状態の事を言います。
スケルトン物件は、何もない状態を一から自由に空間つくりができます。
内装だけでなく、キッチンなどの設備も自由にオリジナルを作る事ができます。
スケルトン物件のデメリットでは、開業資金が居抜き物件に比べ高くなる事です。
一から店舗を作る事で、費用が高くなる事だけでなく、工事期間が長引いてしまう事で、お店のオープンも遅くなってしまうのもデメリットに挙げられています。
また、契約時に気をつけなければいけない事は、原状復帰が条件にあるかどうかです。お店が閉業になってしまった時に、居抜き物件として処理してもらう事ができれば良いのですが、スケルトン物件に戻す事が契約条件にあった場合、退去時にも高額な費用がかかってしまうからです。