飲食業界の注意事項

>

飲食の専門店について

飲食店に必要な資格について

飲食店の開業にはどんな資格が必要になるのか、まとめてみました。
飲食店を開業するだけでは、調理師免許は不要ですが、食品衛生管理者と防火管理者は必要になります。調理師免許や栄養士の免許がある場合は取得する必要はありません。
飲食衛生管理者は、飲食店に一人は必ずいなければいけません。
それは、開業時に保健所に食品衛生管理者の届出を出さなければいけないからです。資格を取得するには、各都道府県にある講習会を受講しなければいけません。費用は一万円程度で、通常期間は一日で取得できます。
防火管理者は、お店の収容人員が30人以上の場合、選んで防火管理者に任務してもらう必要があります。防火管理者は甲種と乙種に分類され、建物全体の床の面積の広さによって変わります。

飲食店に必要な届けや許可証などについて

飲食店を開業するのに必要な届出や許可書は、まず申請書が、営業許可申請書・営業設備の配置図・食品衛生士の資格証明・防火管理者選任届・水質検査成績書が必要になります。また、法人事業主の場合には、登記事項証明書が必要です。
深夜にもお酒類を提供する場合には、深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出が必要です。
これはお店が廃業した際にも、廃止届出を出さなければいけません。
また、料亭やキャバレーでは風俗営業許可が必要になり、ナイトバーやスポーツクラブなどでは、特定遊興飲食店営業の許可申請が必要です。
営業設備の大要・配置図では、施設基準があり、共通基準と特定基準の二種類があります。業種によって異なります。